2014年03月23日

『すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術』


「すべての仕事を紙1枚にまとめてしまう整理術」 高橋政史 クロスメディア・パブリッシング

いらないものを思いっきり捨て、シンプルにまとめる力を磨くと、机の上の書類の山がなくなる。(Amazonの商品説明より)

第0章 紙1枚で整理するとはどういうことなのか

整理とは、複雑なものをシンプル化すること
本書で扱う7つのフォーマット
  1. 問題・課題のポイントを3分でまとめる「Sの付箋」
  2. 隙間時間でも資料が作れる「16分割メモ」
  3. 必要な情報を短時間で抜き出すための「15分間リーディング」
  4. 身の回りをすきりさせる「1枚引き継ぎマップ」
  5. 打ち合わせや会議の効果効率を高める「マッピング・コミュニケーション」
  6. 論理的な報告書・企画書ができる「1.・2・3マップ」
  7. 報告やプレゼンで説得力を生む「物語プレゼンテーション」

第1章 思考力・仮説力を磨き上げるSの付箋

論点を整理すればどんな難題も秒速で片付く
「Sの付箋」で仕事の設計図を描く
付箋枚で仕事はどこまで効率的になるのか


第2章 インプット・アウトプットの効率を劇的に高める16分割メモ

ただのメモ帳を強力なデータベースに変える
16分割メモのつくり方


第3章 本を1冊15分で読むキラー・リーディング

60冊の本を3日で読みこなす
「キラー・リーディング」4つのステップ
ドラッカーの「経営者の条件」をキラー・リーディングする
キラー・リーディングの情報を構造的に読み解く


第4章 いらないものをシンプルに捨てる1枚引き継ぎマップ

いらないものを見極める「シンプルリスト」づくり
10分で新人にも業務を任せられる「1枚引き継ぎマップ」
「1枚引き継ぎマップ」のつくり方
マインドマップソフトを使おう


第5章 会議時間を半分にするマッピング・コミュニケーション

話の地図を持てば、議論のポイントをはずさない
マッピング会議のやり方
なぜ、マップが必要なのか


第6章 言いたいことが誰にでも伝わる3つの型と1・2・3マップ

トヨタ式のコミュニケーション、「全部を今ここで話してくれ」
ロジカルに伝える3つの型
複雑なこともやさしく伝わる「1・2・3マッピング」


第7章 どんな相手も納得させる物語プレゼンテーション

話の説得力はストーリーが生む
物語プレゼンテーションの5つのポイント
ストーリーは3幕構成でつくられる
オープニングとエンディング、「何が」「どうなった」を設定する
第1幕は「現状」「変化」「問い」で引きつける
第2幕では「3つの階段」を盛り込む
いいプレゼンテーションはひと言で伝えられる
ストーリーはSの付箋でつくる
ケーススタディー1 リゾート・ホテルの新規事業
ケーススタディー2 リゾート・ホテルの再建計画

あとがき





posted by yutekisai at 13:00 | TrackBack(0) | 整理法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
 

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。